抜歯しました

New主治医に通いだしてからステロイドで口内炎は寛解してたんですが、2週間効くはずの薬が10日しか効かない → 1週間しか効かない → そんなに頻繁に使えないので弱い薬を何度か使ってみる → 全然効かない、食べられない という状態になって、先週の金曜日に急遽、抜歯手術をしてもらいました。

週3回の点滴は続けていますが腎臓はますます悪くなっているし貧血も改善しないため、全身麻酔をするのにはとてもリスクが高い状態でした。
しかも手術が成功しても食べられるようになるかどうかわからない、年をとっているため歯肉が回復するかもわからない、という状態でもありましたが、どのみちこのままでは食べられずに死んでしまう(口まわりを触れないので強制給餌も困難)ことが明白だったので、手術をお願いしました。

結果、通常より時間が倍かかったらしいですが、なんとか麻酔から目が醒めてくれました。

歯肉炎がとてもひどくなっていて腐りかけていたそうです(Oh…)。

土曜朝に迎えに行って家に帰ったら、即ご飯を催促されました。え?
しかも、やわらかい退院サポート缶じゃなくて、こぐの好きなスペシフィック(ウェットだけどスープ状ではない)を出せと。
人間だったら歯を抜かれて半日で食欲なんてないと思うの。どーぶつ、すごいな。
そのときはひとくち、ふたくちで「なんだか口が変」って感じで終わったのですが、その日の夕方からは数時間おきにご飯催促されて、きっちり食べています。これまで食べられなかったのを取り戻すかのように。

ひとまず危機は脱したようでほっとしました。
New主治医は名医なのかもしんない。

術後2日目
術後2日目、日曜の夕方。
体がふっくらして見えるのは皮下点滴の水分です。
今はガリガリです。
こぐれの口内炎 | comments (6) | -

comments

栗山 | 2016/06/19 07:56 PM
◆mikoさん
お久しぶりですー。

ぐりことこぐれへのあたたかいお言葉、ありがとうございます。

ぐりはそれなりに年をとっていたとはいえ、お別れはもう少し先だと思っていました。
あっという間にいなくなってしまって、今でもその辺で寝ているような気がします。

獣医さんも、ほんと色々ですよねぇ。かかりつけ3件目ですがそれぞれ全く違います。
はっちちゃんも良い先生に会えて良かった!
miko | 2016/06/18 03:34 PM
ご無沙汰こいている間にぐりちゃんが
ミー猫とチビ太のとこにいってしまってました。
最初の猫が一番おりこうさんだったのは我が家も同じです。
その後は雪崩を打つように面倒なのばかり・・・

思いきって獣医さん替えてよかったのも同じ。
はっちも夜中にセンセから電話かかってくるくらい
気にかけてもらい、それだけでありがたかったです。

こぐちゃんが、どうぞ穏やかに過ごせますよう
祈っています。
栗山 | 2016/06/14 03:55 PM
◆散歩猫さん
「ふんがー」(ってほんとに言ってます)と食べまくってます。
最初は嬉しかったんですが、これまでの2倍食べてまだ足りないというので、さすがに多すぎるとごはん出さなかったらワーワーと文句。

文句言うぐらい元気なのはありがたいですが… 極端すぎる〜。
散歩猫 | 2016/06/14 12:58 PM
、こぐちゃんゆっくりでいいからいっぱい食べようにゃん。今まで食べられなかった分とりかえすのだ@w@!
いっぺんに取り返すはだめだからチョビットずつね(´・ω・`)b
栗山 | 2016/06/13 03:20 PM
わーい コメント&うれし泣きありがとうございますー。
毎度ドキドキさせてすみませんひげ(笑)。

こぐは食べることに執着するタイプなので、痛みがひけば食べるだろうとは思っていました。
が、まさか退院して即ご飯とは、私もびっくりひげ。
ほんと、食べる事=生きる事 ですよね〜。

緊急だからと夜間に対応してくださった先生にも感謝です。


>(今、ももがそんな感じなので、何となくわかります・笑)
「もう好きなもの食べなはれ」ですよね(笑)。
スペシフィックは療養食なんで今のところは良いですが、こぐが飽きたらあとは好きなもの食べてもらうだけです。
もこ | 2016/06/13 09:25 AM
わー!すごい!
またドキドキしながら読みました(笑)
こぐれちゃん、頑張りましたね。
そして素晴らしい生命力!
家に帰ってから、すぐにご飯を催促するなんてビックリです。動物が生きるための本能がそうさせるのでしょうか!?
数時間おきにご飯を催促すると言う事で、ひと安心ですね〜。しかもスープ状ではない好きなフードを要求したのですね。(今、ももがそんな感じなので、何となくわかります・笑)

食べる事=生きる事なので、食欲が出ると嬉しいですよね。

栗山さんが抜歯手術に踏み切ろうとの決断は苦渋の選択だったことでしょう。お察しします。

あー!それにしても良かった良かった!
名医さんとの出会いも良かったですね。
私、パソコンの前でうれし泣きしていますひげよー!

comment form

calendar
selected entries
categories
archives
recent comments
others